たまむすびに真央ちゃんが出ていた

TBSラジオのたまむすびって番組ね。
そのゲストに浅田真央さんが出演していたのを偶然聞けてラッキーだった。
確か木曜日のピエール瀧氏とのコンビの日だったかな?

15時からゲストを交えてのトークが毎回始まるのですが、まさか真央ちゃんが来るとは・・・。
真央ちゃんというとなんだか神々しいというか。
普通のトークを聞けるだけでなんだか新鮮な感じがしましたね。

フィギュアスケートの火付け役といっても良い存在でしょう。
もちろん先人達が築いた土台があるわけですけど。
羽生選手の平昌での滑りにも言及していて、興味深く聞けました。

羽生選手のあの滑りは同業者からみてもすごいことなんだなぁと改めて実感。
こういった裏側を聞けるのって結構ラジオの醍醐味だったりします。
テレビの地上波とはちょっと話すことが違うでしょうから。ラジオでは突っ込んだ発言も多少出来る雰囲気があると思う。

だからラジオはやめられない。
地上波のテレビはスポーツは見るけど他はほとんど見ることがなくなった。
クイズ番組とか見ても得るものは正直少ないよ。能動的に知識を求める時に人は成長すると思う。

其の点ラジオはやや能動的だと思うんだよね、音声を受けるんだけど思考は能動的というか。
自分の知らない面白い番組がまだまだあると思うので、普段聞かない局にも進出していきたいな。